車を買い替えたいのです。

しかし、あまりにも古くて、売却できない。廃車にするほかないのですが、やったことないし、いったいどのぐらいが相場なのかよく分かりません。

そんな人たちのために、廃車にかかるお金を明らかにします。

廃車にかかるお金は、自動車の引き取りにかかる費用、解体にかかる費用、リサイクルにかかる費用、書類作成にかかる費用の4つに分けられます。

廃車費用の内訳や金額はどれ位かかるの?

そもそも廃車とは、車の登録を抹消することです。

そのために必要なのは書類を作成するだけであり、解体までする必要はないのです。

解体の場合には、上記の4つの費用が掛かります。

では解体するのとしないのでは、どう違うのでしょうか。

まず引き取りにかかるお金は、例えば何年も自宅の車庫に放置してあって、古すぎて、エンジンが動かない、そんな車を運んでもらうための費用です。

これは解体業者のサービスによって無料になるかもしれません。

料金がかかる場合だと3万円程度かかる場合もあります。

解体費用は、自動車を壊してスクラップにした後の部品が、どのくらいの価格で売れるかということによって決まります。

ただし、リサイクルされる部分は対象から外れます。

また、引き取り業者が自前の解体工場を持っていない場合、引き取り業者のマージンがこれに当たります。

 業者によっては無料のところ、さらには少しお金が貰えるところもあります。

というのも、車両は数万の部品からできているので、売れる部品も非常に多いのです。

だから車の持ち主にお金を払っても、十分に利益が出せます。
 
 リサイクルにかかる費用は、使用済み自動車の再資源化等に関する法律によって定められた車のリサイクルにかかる費用です。

車の所有者が負担しますが、これは購入時に支払っており、預託証明書をもらっているはずです。

だから、廃車時には基本的に必要ありません。

しかし、古い車の場合は、支払っていない可能性がありますし、リサイクルするのに余計に費用が掛かった場合は負担の必要が出てきます。

車の種類にもよりますが、7千~2万円程かかります。

法律は2005年の施行ですから、ご自身がいつ車を買ったのか確認が必要です。

書類作成にかかる費用とは、陸運局(軽自動車の場合は、軽自動車検査協会)からもらう、廃車手続きに必要な書類を届け出るときにかかる費用です。

廃車の仕方によって異なります。100円~450円ほどになります。

廃車費用の相場は?

廃車にはほとんど費用は掛かりません。

それどころか、お金が貰える可能性が高いはずです。

自動車税や自動車重量税、自賠責保険の還付もあります。

ただ、あまり古い車を放置したり、使用済み自動車の再資源化等に関する法律の施行前の車の場合は、最大5万円程かかることもあります。

自分で廃車にするのと業者に頼む費用の違いは?

自分で廃車するためには、書類だけを書けば法律的には廃車になります。

解体もする場合は、解体業者や整備工場に持ち込む必要がありますが、途中のガソリン代を除けば無料です。

しかし、エンジンもかからないような、そういう車の場合は、レッカー車やユニック車などを用いて動かす必要があります。

しかし、これは無料で行ってくれる会社がいくつも存在します。

解体業者は、自動車部品を回収、販売することで利益を出せるので、車を集めないと話になりません。

その位業者の負担でさせていただくというわけです。

自分で廃車しようとすると、廃車に関連する書類を自分でいくつも書かなければなりません。

また陸運支局などに出かける交通費なども掛かります。

解体業者は、それも無料で代行してくれるというところが複数あります。

解体工場のある廃車買取業者では、廃車を自社で行うことができるため、中間マージンを省くことができ、廃車時の費用やサービスを充実できます。

さらに、自動車税や自動車重量税、自賠責保険の還付を行ってくれるところも多いのです。

廃車を引き取ってくれる業者にはほかにも、ディーラがあります。

費用は1~8万円ほどになります。

レッカーを使ったりしなければ安く済みます。

ガソリンスタンドでも、廃車買取はやっています。無料で引き取ってもらえるところも多いです。

中古車販売業者もあります。
ここでは中古車を購入する場合は無料になり、そうでないと廃車費用を取るところが多いです。

廃車費用をかけずに処分するおすすめの方法は?

無料で引き取りから解体まで行ってもらい、そして買取代金ももらえて、書類の手続き、税金や自賠責保険の還付までも代行してくれる廃車買取業者が最もおすすめの方法といえます。

廃車買取業者には、ハイシャル、みんなの廃車工場、廃車ドットコム、廃車本舗、ビッグエイト、カーネクストなどがあります。

これらの業者を比較してみます。まず買取金額の中に還付金額の内訳に、税金や自賠責保険が含まれているかどうかというところに注意が必要です。

明示されていない場合は、業者に聞いてみましょう。他の業者との比較するときに分かりやすくするためです。

最低買取価格があるかどうかも注目すべき点です。

最低買取価格があるところは、0円以上で買い取るとしています。

引き取り手数料や書類手続き、税金や自賠責保険の還付手続きの代行も、無料保証の業者かどうか確認すべき点です。

自分が行わないといけない部分があるかもしれないので、しっかりと確認します。

どんな廃車も無料で引き取る業者もあります。

いかに廃車買い取り業者が部品のために廃車が欲しいといえども、さすがに状態がひどすぎると判断が分かれますが、なんでも、という業者さんもいるのです。

多くの会社が、自社のサイトに価格見積もりコーナーを設けています。

そこに自分の車を入力してみて、どこの業者が高く買い取ってくれるかを比較してみるとわかりやすくなるはずです。

そのために、自分の車をよく知っておく必要があります。

車種や買った年はもちろん、走行距離や、排気量は何ccなのか、オートマかマニュアルか、登録番号、車体番号の情報など、車を買った時の書類をよく見ないといけないのです。

そして、サイトに出た金額のまま取引されるわけではなく、実際の価格は、その車自体をきちんと確認する事によって決まるので、高く引き取ってほしければ、日ごろからきちんとした手入れがかかせません。

また、業者ごとに買取金額の内訳も異なったりするわけですから、その点も注意します。

廃車を業者に直接持ち込むのは、そこまでのガソリン代がかかりますが、廃車買取業者が自社のやることを代わりにやってもらったということで、買取代金に上乗せしてくれるかもしれません。そこまでのガソリン代よりも大きい金額が上乗せになります。

様々な廃車買取業者を調べ、自分の車にあった会社を見つけるのが大事です。

廃車買取業者にも、高い処理費用を請求してくるような業者もいます。

そういった業者でないかを調べることも大切になります。

そして、自分の車を大事にすることが、事故車にならずに済み、エンジントラブルもなくし、廃車時のコストを大幅に低減することにつながることを強調します。

乗っているときに安全運転を心がけていることこそ、廃車費用を抑え、高く買い取ってもらう最大の方法です。