お使いになっている車が壊れてしまったら買い取ってもらえるのか、そんな疑問の声をよく耳にします。

どの程度破損すると買取が出来なくなってしまうのか非常に気になるところだと思います。

そこで今回は廃車が買取してもらえる理由や高く売る方法をご紹介します。

事故車や水没車、不動車と言ったものもその対象になるかと言うこともご紹介しますので、是非ご参考にして下さい。

廃車が買取してもらえる理由は?

一昔前まで廃車にするのに手数料が掛かっていたことと思います。

しかし、最近では廃車手続きを代行し「無料」で行っているところも多くあります。

では、なぜ手数料が掛かっていたものが無料になったのでしょうか。

それは廃車を買取る業者がいるためになります。

このようなことから一概に廃車にする車だからと言って必ず廃車にするわけではありません。

買い取ってもらえるのであえば、少しでも新しい車の足しにしたいと思うのが人情でしょう。

ではなぜ廃車にする車を買取るのでしょう。

ディーラーや中古車販売店では買取った車を再販することが目的になりますが、廃車を買取る業者は車を売るのではなく、その部品を販売することが目的になります。

そのため、ディーラーや中古車販売店で価値のない車でも廃車を買取る業者にとっては価値のあるものとなります。

中古車として価値のない車だとしても、タイヤやホイール、バンパー、ガラス、バッテリーなど再利用出来る部品はたくさんあります。

このように再利用を目的として取り外された部品は、しっかりと洗浄後に専用テスターで検査し合格したものが中古商品として再利用されることになります。

また、エンジンなどの機能部分以外にも車のボディも鉄やアルミと分別することにより、再利用することが出来ます。

一つ注意点として、この場合に車を買い取ってもらう時は車買取ではなく、部品買取の査定となります。

そのため中古車として買い取ってもらう価格とは大きくことなりますので注意が必要になります。

どうせ廃車にするなら少しでも何かの足しにしよう、と言う気持ちが大事になってきます。

もちろん廃車にするかどうかの判断は業者ごとによって変わって来ますので、インターネットなどの一括査定を利用後に最終手段として廃車の買取業者をご利用下さい。

事故車・水没車・不動車でも売れるの?

ディーラーなどの下取りは車が動くことが前提となってきます。

そのため事故車や水没車、不動車と言ったものの買取はなかなか厳しいものになってきます。

特にエンジンなどの駆動部分の修理歴や冠水歴がついてしまった車は中古車市場に出しても売れ残ってしまうので買取を断られるケースが多くなります。

しかし廃車の買取業者であればパーツを主体として見ますので、修理歴や冠水歴がついた車でも買い取ってもらえる可能性があります。

事故で破損していないパーツ、水没の被害のないガラス部分など車として見るのではなく、車のパーツとして見た場合はまだまだ価値のあるものばかりになります。

前述のように車のボディは分別することによって鉄とアルミとして再利用することが出来ます。

そのため、事故で凹んでいても分別の過程には関係してきませんし、十分にリサイクルして使うことが出来ます。

また、日本の車はその部品にまでクオリティの高さが認められています。

そのため日本国内に需要がなかったとしても、東南アジアなどの地域では需要が発生していることがあります。

10万kmも走行している車は日本の場合だと廃車を考えることがほとんどです。

しかし、そんな状態の車でもタイミングベルトなどのパーツを交換すれば、まだまだ使えると考える国も多くあります。

この場合であれば廃車にする予定であった車を中古車として買い取ってもらえるケースになります。

では、走行距離だけではなく事故や水没によって破損してしまった車の場合はどうなるのでしょう。

この場合も日本の車の部品のクオリティの高さから海外で需要が発生します。

日本では考えられないことかも知れませんが、フィリピンなどでは30年以上同じ車を利用することが当たり前となっています。

これだけ古くなってしまうとすぐ壊れてしまい、修理費ばかりかさむ状態になってしまいます。

ですが、日本の車のパーツを使うことによって修理をする頻度が減りますので喜ばれています。

アメリカなどの車と比べ、日本の車は1.5倍~2倍もの値段がしますので、フィリピンなどでは高嶺の花と言われています。

ですが、パーツだけの購入であればその差はあまりなくなります。

このようなことから日本の車はパーツだけでもその価値が認められ、廃車買取業者だけではなく海外など広いところでその需要があります。

事故や水没など様々な理由で車の廃車をお考えになることがあると思います。

しかしただ廃車にしてしまうのは勿体無いことです。

廃車買取で高く売る方法は?

廃車にするような車だとしても業者によっては1万円ほどで買取ってくれるところもあります。

通常、廃車にする場合には手数料が発生し、お金を払わなくてはならないことになります。

しかし、廃車買取業者を利用することで逆にお金がもらえると言うことがあります。

せっかく買取ってもらうのですから出来ることなら高い方が良いでしょう。

そこで廃車買取で高く売る方法をご紹介します。

繁忙期を避ける

廃車買取業者の繁忙期は12月~3月と言われています。

車を保有したまま4月を迎えると、その時点の所有者に対し税金が発生します。

これを避けるために3月までに廃車を考える方が多く、それに比例して廃車買取業者も繁忙期を迎えます。

このため、放っておいても廃車買取の依頼がきますので廃車買取業者が無理をする必要がありません。

また、廃車買取業者は決められた所定の位置に廃車を保管しなくてはなりません。

この所定の位置が満杯になってしまうと新しく廃車を引き取ることが出来なくなります。

繁忙期であればこの位置はほぼ一杯に埋まってしまいますので、廃車の買取を先延ばしにされたり断られたりすることがあります。

では繁忙期を避けた場合はどうなるのでしょう。

廃車買取業者の閑散期は4月中旬から7月と言われています。

閑散期になってしまっても人件費などの経費は発生します。

そのため何もしないで資金が減るよりは少しでも資金を集めようと言う動きになります。

繁忙期と比べ閑散期では、このような理由から値段交渉がしやすくなり、高く買取ってもらえる可能性が上がります。

自走可能であれば持込をする

自分で廃車買取業者へ車を持込むことにより買取り価格が3,000円~5,000円ほど上がることがあります。

これは廃車買取業者が車の引き受けの際に掛かるガソリン代や人件費などの経費が掛かってしまうためです。

少しでも買取価格を上げたいと思われるのであれば、自分で廃車買取業者へ持込むと良いでしょう。

税金や保険などの還付を利用する

これは直接買取り額とは直接関係してきませんが、実は申請することによって還付される税金などがあります。

自動車を保有している時点で自動車重量税、自動車税、自賠責保険と言ったものを払わなくてはなりません。

特に自動車重量税は2年~3年分をまとめて払うことになっています。

そのため次の課税までに残り1年あった場合などは先にまとめて払った分を還付してもらうことが出来ます。

同じように自動車税も車を手放した時期によっては申請することによって還付を受けることが出来ますので、廃車をする時には一度窓口で相談すると良いでしょう。

自賠責保険の場合であれば保険の残り期間が1ヶ月以上あれば手続きをすることにより保険会社から返金されます。

期間が1ヶ月と少ないことから見落とされることが多くありますが、この点もしっかりと抑えておくと良いでしょう。

これらの還付が認められた場合には、指定の金融機関でお金を受け取ることが出来ます。

複数の廃車買取業者の見積を取る

これは廃車買取業者に限らず中古車買取業者の場合も同じです。

昨今ではインターネットで一括査定を行っているところもありますので、一社だけで決めずになるべく高いところに買取ってもらうと良いでしょう。

ここで注意しなくてはならない点が、正式な業者かどうかと言うことです。

廃車を解体し、パーツとして販売するにはリサイクル法に従う必要があります。

これは自動車解体業の許可を所持しているかどうかがポイントになってきます。

この自動車解体業の許可は都道府県知事の定める一定の基準をクリアしていなければ受けることが出来ません。

また、自動車解体業の許可は情報管理センターのHPで確認することが出来ます。

廃車にするからと言えど、正式に自動車解体業の許可を受けていない業者にお持ちの車を渡してしまうと犯罪に利用されたりと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう危険があります。

廃車の買取をお考えになる際にはその業者がしっかりと自動車解体業の許可を持っているかどうかを確認するようにして下さい。

廃車にかかる費用の内訳は?

廃車を行う場合には様々な手続きがあり、その都度費用が掛かるものになります。

まず、廃車を行う手順をご説明します。

書類作成

廃車にするためには永久抹消登録の申請を行うことが必要となります。

陸運局で永久抹消登録をするための書類を作り申請します。

この際に書類代として100円ほど費用が掛かります。

解体依頼

永久抹消登録の申請を行うと同時に、廃車を解体してもらうための解体証明書を作ることが必要となります。

解体費用は業者によっても変わって来ますが、1万円から2万円ほどになります。

また、抹消登録を行うと車に乗ることが出来なくなりますので、解体業者のところまで運ぶために運搬費用が5,000円から1万円ほど掛かります。

さらにこの他にリサイクル料が掛かります。

リサイクル料は各自治体によって料金は変わって来ますが、軽自動車で8,000円ほど、普通自動車で1万円ほど、外国車で2万円ほどとなります。

ただし、平成17年以降に新車として購入した車であれば、購入時にリサイクル料金も払っているため、廃車の際に改めて支払う必要はありません。

廃車を行うまでにはこのような工程を行う必要があり、廃車に掛かる費用は3万円から5万円ほどとなります。

これはあくまで自分で廃車を行う場合に掛かる費用となり、最初から業者にすべて任せると言う形であれば費用は変わってきます。

また、業者によっては廃車費用を無料で行うと言う業者もいますので、廃車を行う際には事前に業者に確認しておくと良いでしょう。

廃車費用をかけずに処分する方法は?

廃車を行うことで費用が発生することは前述でお伝えした通りになりますが、廃車費用を掛けずに廃車を処分する方法があります。

新しく車を買う場合

ディーラーなどで新しく車を買う場合には、現在廃車にしようとしている車の廃車費用を賄ってくれるケースがあります。

厳密に廃車費用を賄ってくれると言うわけではなく、これから買う車を廃車費用の分だけ値引きすると言ったことになります。

結果的に廃車費用を掛けずに廃車を処分することが出来ますので、新しく車を買う場合にはディーラーなどに相談してみましょう。

解体業者に持込む

この場合は、すでに永久抹消登録を行ったと言うことではなく、永久抹消登録を行う前に解体業者に相談すると言った形になります。

解体業者が利益を出す仕組みとして、車を解体して部品で販売すると言うことがあります。

すでに乗れなくなった車でも部品としての価値はあります。

また、日本の車はパーツとしても非常に優秀で国内のみならず東南アジアなどの地域では非常に人気の高いものとなっています。

そのため廃車費用を解体後の部品販売の利益と相殺して無料で廃車処分を行ってくれると言う業者もいます。

還付金を利用する

廃車を手続きする上で還付金を受け取れるケースがあります。

廃車費用が無料となるわけではありませんが、還付金と相殺して費用を掛けずに廃車を行うことが出来る可能性があります。

これは永久登録抹消の場合に有効となり、一時的に登録を抹消する一時抹消登録では対象となりません。

この還付金には自動車税、自動車重量税と自賠責保険が該当します。

自動車税は毎年5月に1年分をまとめて払うことになります。

これはその年の3月末までに所持していた車が対象となり、税金が課せられます。

そのため、3月よりも前に車の永久登録抹消を行った際には端数が発生することになります。

これが還付金として補填されることになります。

同じく自動車重量税も車検までの残り日数で還付を行うことが出来ます。

仮に車検の有効期間が24か月の場合は「自動車重量税÷24×(車検残存月数)」と言った計算になります。

自動車税と自動車重量税の還付手続きは各市町村の税務課で相談すると良いでしょう。

ただし、自動車税と自動車重量税の還付があるのはしっかりと他の税金も納付している場合に限ります。

他の税金で滞納があった場合は還付があっても滞納している税金へと補填されますので、受け取ることが出来なくなります。

自賠責保険に関しては自賠責保険を提供している保険会社が窓口となっていますので、廃車を行う前に還付があるかどうかを確認するようにしましょう。

以上のような方法で廃車費用を掛けずに廃車を行うことが出来ます。

最近では下取りに出した場合にも、買取に出した場合にも残りの自動車税などを考慮しての買取額を提示するケースが多いです。

もしかして損をしてるのでは?と思われる方は下取りや買取に出す前に還付についてディーラーなどと相談してみることをおすすめします。

どんな廃車でも引き取ってもらえる?

ご自身で廃車手続きをし、解体証明書を発行して解体業者に解体をお願いした場合は別ですが、廃車を業者に任せる場合にはどんな廃車でも引き取ってもらえるか不安に思われる方も多いことでしょう。

特に大きく破損している事故車や水没車などは、車として機能しないことはもちろんのこと、部品としても機能しないのでは?と思われることでしょう。

部品としての販売が見込めない場合、解体業者に持込んでも廃車費用をカバー出来るだけの利益が見込めないのでは、と不安は募るばかりです。

解体業者が部品として販売するパーツは非常に多く、仮に水没していた場合でも損傷の少ないガラスなどは部品として再販することが出来ます。

また、損傷が大きく大破していた場合でも、ボディを鉄やアルミに分別してリサイクルすることが可能です。

色々な不安があると思いますが、基本的に解体業者はどんな状態の廃車でも引き取ってくれます。

まずは電話で車の状態を説明し、引き取ってもらえるかどうかを確認してみましょう。

さらに廃車の引き取り業者を探す場合には、インターネットを使い一括査定などを利用すると良いでしょう。

廃車にするしかなかった車に価格がつく可能性もあります。

業者にも様々な条件がありますので、廃車を行う場合には1社だけに拘らず色々な業者を見ることをおすすめします。

まとめ

持っている車を手放す理由は様々あることでしょう。

しかし、ただ単純に廃車にしてしまうのでは手数料ばかり取られて損をしてしまっている可能性があります。

この程度じゃ買取ってもらえないとお思いになる前に一度廃車の買取業者をお探しになってみては如何でしょう。

あまり過度な期待はすることが出来ませんが、手数料を払うくらいであればいくらかお金をもらった方が間違いなく良いでしょう。

特に事故車よりも水没車の方が中古車としての需要は下がってしまいます。

廃車にする他ないと言う状況も多いことでしょう。

ですが廃車買取業者であればパーツとして買取ってくれる可能性もありますので、最後まで諦めてはいけません。

車を廃車にすると一口に言っても様々な方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

特に自動車税が還付されると言うことはあまり広く知られておらず、知らず知らずのうちに損をしてしまっている方もいらっしゃいます。

金銭的な面で言えば還付を行った方が得になると言う場合であっても、実際に自分で動く手間などを考えれば業者に任せた方が良いと言う場合もあります。

同じようにリサイクル料のことについても、すでに払っている場合があると知らない方もいらっしゃいます。

新しく車を買う場合に廃車手続きを業者にしてもらう場合にはこれらのことを一度確認しておくと良いでしょう。

知っていると知らないとでは大きく差が生まれてしまう可能性もありますので、これを機会に廃車の手続きについてご理解を深めては如何でしょうか。

是非これを機会に廃車の買取業者を調べてみては如何でしょう。