お使いになっている車が壊れてしまったら買い取ってもらえるのか、そんな疑問の声をよく耳にします。

どの程度破損すると買取が出来なくなってしまうのか非常に気になるところだと思います。

そこで今回は廃車が買取してもらえる理由や高く売る方法をご紹介します。

事故車や水没車、不動車と言ったものもその対象になるかと言うこともご紹介しますので、是非ご参考にして下さい。

廃車が買取してもらえる理由は?

一昔前まで廃車にするのに手数料が掛かっていたことと思います。

しかし、最近では廃車手続きを代行し「無料」で行っているところも多くあります。

では、なぜ手数料が掛かっていたものが無料になったのでしょうか。

それは廃車を買取る業者がいるためになります。

このようなことから一概に廃車にする車だからと言って必ず廃車にするわけではありません。

買い取ってもらえるのであえば、少しでも新しい車の足しにしたいと思うのが人情でしょう。

ではなぜ廃車にする車を買取るのでしょう。

ディーラーや中古車販売店では買取った車を再販することが目的になりますが、廃車を買取る業者は車を売るのではなく、その部品を販売することが目的になります。

そのため、ディーラーや中古車販売店で価値のない車でも廃車を買取る業者にとっては価値のあるものとなります。

中古車として価値のない車だとしても、タイヤやホイール、バンパー、ガラス、バッテリーなど再利用出来る部品はたくさんあります。

このように再利用を目的として取り外された部品は、しっかりと洗浄後に専用テスターで検査し合格したものが中古商品として再利用されることになります。

また、エンジンなどの機能部分以外にも車のボディも鉄やアルミと分別することにより、再利用することが出来ます。

一つ注意点として、この場合に車を買い取ってもらう時は車買取ではなく、部品買取の査定となります。

そのため中古車として買い取ってもらう価格とは大きくことなりますので注意が必要になります。

どうせ廃車にするなら少しでも何かの足しにしよう、と言う気持ちが大事になってきます。

もちろん廃車にするかどうかの判断は業者ごとによって変わって来ますので、インターネットなどの一括査定を利用後に最終手段として廃車の買取業者をご利用下さい。

事故車・水没車・不動車でも売れるの?

ディーラーなどの下取りは車が動くことが前提となってきます。

そのため事故車や水没車、不動車と言ったものの買取はなかなか厳しいものになってきます。

特にエンジンなどの駆動部分の修理歴や冠水歴がついてしまった車は中古車市場に出しても売れ残ってしまうので買取を断られるケースが多くなります。

しかし廃車の買取業者であればパーツを主体として見ますので、修理歴や冠水歴がついた車でも買い取ってもらえる可能性があります。

事故で破損していないパーツ、水没の被害のないガラス部分など車として見るのではなく、車のパーツとして見た場合はまだまだ価値のあるものばかりになります。

前述のように車のボディは分別することによって鉄とアルミとして再利用することが出来ます。

そのため、事故で凹んでいても分別の過程には関係してきませんし、十分にリサイクルして使うことが出来ます。

また、日本の車はその部品にまでクオリティの高さが認められています。

そのため日本国内に需要がなかったとしても、東南アジアなどの地域では需要が発生していることがあります。

10万kmも走行している車は日本の場合だと廃車を考えることがほとんどです。

しかし、そんな状態の車でもタイミングベルトなどのパーツを交換すれば、まだまだ使えると考える国も多くあります。

この場合であれば廃車にする予定であった車を中古車として買い取ってもらえるケースになります。

では、走行距離だけではなく事故や水没によって破損してしまった車の場合はどうなるのでしょう。

この場合も日本の車の部品のクオリティの高さから海外で需要が発生します。

日本では考えられないことかも知れませんが、フィリピンなどでは30年以上同じ車を利用することが当たり前となっています。

これだけ古くなってしまうとすぐ壊れてしまい、修理費ばかりかさむ状態になってしまいます。

ですが、日本の車のパーツを使うことによって修理をする頻度が減りますので喜ばれています。

アメリカなどの車と比べ、日本の車は1.5倍~2倍もの値段がしますので、フィリピンなどでは高嶺の花と言われています。

ですが、パーツだけの購入であればその差はあまりなくなります。

このようなことから日本の車はパーツだけでもその価値が認められ、廃車買取業者だけではなく海外など広いところでその需要があります。

事故や水没など様々な理由で車の廃車をお考えになることがあると思います。

しかしただ廃車にしてしまうのは勿体無いことです。

廃車買取で高く売る方法は?

廃車にするような車だとしても業者によっては1万円ほどで買取ってくれるところもあります。

通常、廃車にする場合には手数料が発生し、お金を払わなくてはならないことになります。

しかし、廃車買取業者を利用することで逆にお金がもらえると言うことがあります。

せっかく買取ってもらうのですから出来ることなら高い方が良いでしょう。

そこで廃車買取で高く売る方法をご紹介します。

繁忙期を避ける

廃車買取業者の繁忙期は12月~3月と言われています。

車を保有したまま4月を迎えると、その時点の所有者に対し税金が発生します。

これを避けるために3月までに廃車を考える方が多く、それに比例して廃車買取業者も繁忙期を迎えます。

このため、放っておいても廃車買取の依頼がきますので廃車買取業者が無理をする必要がありません。

また、廃車買取業者は決められた所定の位置に廃車を保管しなくてはなりません。

この所定の位置が満杯になってしまうと新しく廃車を引き取ることが出来なくなります。

繁忙期であればこの位置はほぼ一杯に埋まってしまいますので、廃車の買取を先延ばしにされたり断られたりすることがあります。

では繁忙期を避けた場合はどうなるのでしょう。

廃車買取業者の閑散期は4月中旬から7月と言われています。

閑散期になってしまっても人件費などの経費は発生します。

そのため何もしないで資金が減るよりは少しでも資金を集めようと言う動きになります。

繁忙期と比べ閑散期では、このような理由から値段交渉がしやすくなり、高く買取ってもらえる可能性が上がります。

自走可能であれば持込をする

自分で廃車買取業者へ車を持込むことにより買取り価格が3,000円~5,000円ほど上がることがあります。

これは廃車買取業者が車の引き受けの際に掛かるガソリン代や人件費などの経費が掛かってしまうためです。

少しでも買取価格を上げたいと思われるのであれば、自分で廃車買取業者へ持込むと良いでしょう。

税金や保険などの還付を利用する

これは直接買取り額とは直接関係してきませんが、実は申請することによって還付される税金などがあります。

自動車を保有している時点で自動車重量税、自動車税、自賠責保険と言ったものを払わなくてはなりません。

特に自動車重量税は2年~3年分をまとめて払うことになっています。

そのため次の課税までに残り1年あった場合などは先にまとめて払った分を還付してもらうことが出来ます。

同じように自動車税も車を手放した時期によっては申請することによって還付を受けることが出来ますので、廃車をする時には一度窓口で相談すると良いでしょう。

自賠責保険の場合であれば保険の残り期間が1ヶ月以上あれば手続きをすることにより保険会社から返金されます。

期間が1ヶ月と少ないことから見落とされることが多くありますが、この点もしっかりと抑えておくと良いでしょう。

これらの還付が認められた場合には、指定の金融機関でお金を受け取ることが出来ます。

複数の廃車買取業者の見積を取る

これは廃車買取業者に限らず中古車買取業者の場合も同じです。

昨今ではインターネットで一括査定を行っているところもありますので、一社だけで決めずになるべく高いところに買取ってもらうと良いでしょう。

ここで注意しなくてはならない点が、正式な業者かどうかと言うことです。

廃車を解体し、パーツとして販売するにはリサイクル法に従う必要があります。

これは自動車解体業の許可を所持しているかどうかがポイントになってきます。

この自動車解体業の許可は都道府県知事の定める一定の基準をクリアしていなければ受けることが出来ません。

また、自動車解体業の許可は情報管理センターのHPで確認することが出来ます。

廃車にするからと言えど、正式に自動車解体業の許可を受けていない業者にお持ちの車を渡してしまうと犯罪に利用されたりと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう危険があります。

廃車の買取をお考えになる際にはその業者がしっかりと自動車解体業の許可を持っているかどうかを確認するようにして下さい。

まとめ

持っている車を手放す理由は様々あることでしょう。

しかし、ただ単純に廃車にしてしまうのでは手数料ばかり取られて損をしてしまっている可能性があります。

この程度じゃ買取ってもらえないとお思いになる前に一度廃車の買取業者をお探しになってみては如何でしょう。

あまり過度な期待はすることが出来ませんが、手数料を払うくらいであればいくらかお金をもらった方が間違いなく良いでしょう。

特に事故車よりも水没車の方が中古車としての需要は下がってしまいます。

廃車にする他ないと言う状況も多いことでしょう。

ですが廃車買取業者であればパーツとして買取ってくれる可能性もありますので、最後まで諦めてはいけません。

是非これを機会に廃車の買取業者を調べてみては如何でしょう。