45歳、主婦です。

12年前にヴォクシーを買い、約10万キロを走行しました。

遠出するというよりは街乗りが主でした。12年目になった時に、車ががたがたと揺れるようになりました。

いつもではありませんが、少し気になりました。

10年も過ぎたし、そろそろ買い替え時かなと思い、新しい車を購入しようといろいろ見てまわりました。

またヴォクシーもいいなと思ったのですが、値引き率が悪かったので、ヴォクシーを下取りで出すという条件で日産のセレナを買うことにしました。

セレナの納車まで3週間となった頃です。

いつものようにパート先までヴォクシーで出勤しました。

その時、エンジンが1回でかからなかったので、あれっと思いましたが、2回目ですぐにかかり、そのほかはいつもどおりだったので、そのまま乗ってパート先の駐車場に置きました。

パートが終わり、家に帰ろうとエンジンをかけようとしたところ、全然かかりません。

パート先の上司がバッテリーではないかと、いろいろやってくれたのですが、全く動きません。

これ以上迷惑をかけるのも申し訳ないので、JAFに連絡をしました。

そして、トヨタにレッカー移動です。

トヨタでさっと見てもらったところ、スターターの部分が原因ではないかとのことでした。

交換するとかなりの金額になるそうです。

トヨタのディーラーにセレナの納車待ちだということを告げると、日産に連絡をしてくれ、後日、トヨタから日産へ車が運ばれていきました。

日産にはヴォクシーを下取りしてもらうということでセレナの価格をお安くしてもらっていました。

廃車となると金額が上乗せされるのではないかと心配になりました。

日産に聞いてみると、金額を上乗せすることはないから大丈夫ということでした。

そして、廃車の手続きをしました。

セレナの納車まで3週間もあります。

車が使えなくなるので、どうしようと思いました。そうしたところ、日産のほうから、納車までの間、軽自動車を無料で貸していただけるというのです。

本当に助かりました。

ヴォクシーには12年乗ったので、そろそろどこか故障するかなとは思っていましたが、こんなにあっけなく廃車になってしまうとは予想もしていませんでした。

車が少し揺れるという兆候はありましたが、トヨタでそんな話をしても、これといった異常はないとのことでした。

車はエンジンがかからなくなると、もう終わりです。

急な展開すぎてびっくりでしたが、こういう時は突然やってくるものだと思いました。