軽自動車の廃車手続きはどんな種類があるの?

軽自動車の廃車手続きは二種類あります。

自動車検査証返納届と解体返納になります。

両者を一言で言うと、一時的にその軽自動車を使わず倉庫などに軽自動車をしまっておくような場合の手続きを自動車検査証返納届、車両の登録を抹消し軽自動車をスクラップにしてしまう場合を解体返納となります。

軽自動車の廃車と言うと登録を抹消して、その車体を解体やスクラップにすると言うイメージがありますが、このように書類上使わない状態にすることも廃車になるのです。

自動車検査証返納届と解体返納それぞれについて大まかにまとめてみます。

自動車検査証返納届について

自動車検査証返納届は、冒頭でもお書きした通り、軽自動車を一時的に使用中止にする手続きになります(書類上の一時的な廃車です。軽自動車を実際に解体したりスクラップにするわけではありません)。

様々な事情があり軽自動車を一時的に使わない場合や軽自動車を他の人に渡したり、売ったりする時に受け取る人や買う人が現れるまで保管する場合にも行うことがあります。

メリットとしては、その車の自動車検査証を復帰する手続きを取るまでの間、自動車検査証返納届が受理されて以降は、その車にかかる自動車税や重量税を支払う必要がなくなるのです。

ただし、書類上は廃車された車なので自動車検査証が復帰するまでは、その車を運転することができません。

解体返納について

解体返納とは、車を実際に解体したりして完全にスクラップにした場合に必要になります。

冒頭でもお話しした通り、軽自動車を永久に使用不能にするという手続きです。

様々な事情で車を廃棄してスクラップにする場合に手続きを行います。

つまり、軽自動車の最終処分がこの解体返納という手続きになるのです。

仮に軽自動車をスクラップにした後、そのままこの手続きを行わずにいると(実際に行わない場合は、ほぼ無いと思われますが)、その軽自動車が実際には完全に解体されて存在しなくなったのに、手続きがなされるまで、その軽自動車に対する税金が延々と課税され続けてしまうのです。

解体して処分する時には、必ず行わなければいけない手続きになります。

軽自動車の廃車手続きに必要な書類は?

自動車検査証返納届と解体返納とでは、手続きに必要な書類が異なります。

廃車手続きの内容からも想像できる通り、解体返納の方が用意する書類も多くなります。

自動車検査証返納届と解体返納のそれぞれについて、分かりやすく分けて説明していきます。

自動車検査証返納届に必要な書類は?

個人で使用している場合は3種類の書類、仕事など事業用で使用している場合は4種類の書類が必要になります。

個人で使用している場合は、
①自動車検査証(以下、車検証)
②自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書(以下、軽第4号様式)
③軽自動車税申告書
の3種類です。

それぞれ解説していくと、①の車検証は車のダッシュボードなどへ基本的に保管されている書類で車両番号(ナンバープレートの地名や数字、ひらがながかかれたもの)や車台番号(その車の固有の番号、アルファベッドや数字が組み合わさっている物)など車の詳細が書かれた書類です。

②の軽第4号様式は軽自動車検査協会(多くは車検を行う陸運支局などの敷地のすぐそばにある)で手に入れることができる書類です。

車両番号や車台番号、使用者や所有者の氏名や住所を書く書類になります。

③の軽自動車税申告書も同様に軽自動車検査協会で手に入る書類です。

この申告書は書く欄が多く、所有者や納税義務者、車の形や重さなど車検証に書かれた詳細な情報を記載していきます。

恐らくこの記載が一番大変かもしれません。

事業用の場合(黒ナンバーの軽自動車)は、それらの書類に加えて事業用自動車等連絡書が必要になります。

これは車両番号や所有する企業の名前、所属営業所名や営業所の住所などを記載する書類です。

解体返納に必要な書類は?

個人で使用している場合も事業用で使用している場合も共通です。

必要な書類は、4枚です。

①自動車検査証(以下、車検証)
②使用済自動車引取証明書
③解体届出書(軽第4号様式の3)
④軽自動車税申告書
が必要な書類になります。

①の車検証と④の軽自動車税申告書は自動車検査証返納届の項目で説明した通りです。

②の使用済自動車引取証明書は、解体で引き取った業者さんから交付されます。

リサイクル券番号や車台番号、費用などが記載されています。

③の解体届出書は申請者や還付金の振込先、車両番号などを記載する書類になります。

解体返納について、自動車検査証返納届との最大の違いは、使用済自動車引取証明書を引き取り業者さんから交付してもらうことです。

軽自動車の廃車にかかる費用は?

軽自動車の廃車代について、自分で行った場合の金額ですが、一時的な末梢になる自動車検査証返納届の場合が450円、永久末梢の解体返納の場合が解体にかかる費用1万円前後+用紙代100円になります(軽自動車購入時リサイクル料金を払っていない場合は+8,000円程度)。

詳しい内訳は、自動車検査証返納届の場合が一時抹消登録手数料に350円、用紙代に100円の合計450円です。

解体返納の場合の内訳は、実際の解体にかかる費用が(業者さんにもよりますが)1万円前後、末梢登録にかかる手数料は無料になりますから、用紙代100円だけが事務手続きに必要となる金額になります。

あらかじめ購入時にリサイクル料金を払っていれば、車検などの費用に比べてかなり低額で処分できるのです。

ちなみにリサイクル料についてですが、中古車であっても購入時にリサイクル料を払っています。

もし、支払っているか気になるようでしたら車検証などが入っているファイルを確認し、リサイクル券という書類が入っているか確認してください。

また、万が一書類がない場合は、再発行がされていないか、支払いがされていない場合があります。

気になるようでしたら、「自動車リサイクルシステム」と言う組織の公式サイトにある料金の預託状況を検索(車検証の車台番号と登録番号が必要。車検証を見ながら行ってください。)し、支払がなされているか確認してください。

リサイクル料の支払いがされていれば、その支払い状況を印刷することでリサイクル券の代用とすることができます。

また、陸運支局でも端末を使って印刷することができます。

それでも、リサイクル料が支払われていないことが判明した場合(旧車などでたまにあります。)は、窓口で支払うことも可能です。

廃車手続きは自分でやるより業者に任はせた方がいい?

結論を言うと、自分でした方が金額的にお得です。

お話しした通り、廃車手続きは自分で行うと100~450円で行うことができます。

しかし、業者(行政書士さん)に任せた場合は1万円程度かかる場合があります。

圧倒的にかかる金額が違いますが、手続きを行う窓口が自宅から遠かったり、窓口が平日しか空いていないので、平日時間を取って手続きへ行けない場合は、業者に任せた方が安心ですし、確実です。

平日時間が確保できるようでしたら、書類と言っても車検証の内容を写すものがほとんどですから、専門的な知識をそれほど必要としないので自分で行った方が良いかもしれません。

結論を述べると、時間が取れれば自分で行く方が良いですし、そうでない場合は業者に任せることをお勧めします。