車の維持費にかかる内訳は?

車の維持費は税金、保険、整備メンテナンスコスト、ランニングコストと大きく分けて4つあります。

ここからそれぞれについて見ていきましょう。

税金

車にはたくさんの税金がかかりますが、維持していく上で払い続けなければならないのが自動車税(軽自動車なら軽自動車税)と自動車重量税です。

自動車税(軽自動車税)

自動車税(軽自動車税)は自動車を所有している人が毎年支払う税金です。

普通車であれば自動車税、軽自動車であれば軽自動車税といいます。

毎年4月1日時点の所有者に支払いの義務が発生し、ゴールデンウイーク前後に納税通知書が郵送されます。

この自動車税は車のエンジンの排気量によって異なります。

自動車重量税

自動車重量税はその名の通り自動車の重さを基準に課される税金です。

この自動車重量税は車検の際に次の車検までの分をまとめて納付するため、新車で購入する時にはそのさき3年分、車検時には2年分の税金を納めるようになっています。

保険

自動車を維持するうえで必要になってくるものに自動車保険があります。

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険

自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といいます。

この自賠責保険への加入は義務であり、車を所有している人すべてが支払う必要があります。

ただしこの自賠責保険は賠償金に上限があるため、次に紹介する任意保険とあわせて加入するのが一般的です。

任意保険

車の維持費の中でも最も負担が大きいものが任意保険です。

任意保険では自賠責保険で補償しきれない分をカバーする目的で加入し、補償内容を自分でセレクトすることができます。

最近では事故の際の弁護士費用などを保証する特約や自転車保険がセットになったものもありますね。

整備・メンテナンス費用

車は機械ですから定期的なメンテナンスが必須です。

国産車であればノーメンテナンスで乗り続けることも可能ですが、本来の性能を発揮できなくなってしまいますし耐用年数も短くなってしまいます。

日本では2年に一度の車検が法律により義務つけられており、車が国の定める基準をきちんと満たしているかをチェックしています。

その他にも一年おきの法定点検を受けると整備費用が必要になります。

ランニングコスト

このランニングコストには大きくガソリン代と駐車場代、その他のランニングコストが含まれます。

ガソリン代

車の動力はガソリンです。当然のことながらガソリン代は走れば走るほど必要になってきます。

駐車場代

自宅に車を停めるスペースがある場合駐車場代は不要ですが、自宅に駐車スペースがなく車を停めることができなくて駐車場を借りた場合駐車場代が必要です。

タイヤ

車のタイヤも消耗品として金額が大きなものです。

言うまでもない事ですが、車は4本のタイヤで走っています。

どんなに高性能な車であったとしてもタイヤがなければ走ることはできません。

タイヤなんてただのゴムでしょ、と思われる方も多いと思いますが、タイヤが車の性能を左右する面も大きいのです。

特に雨の日に安心してドライブできるかどうかはタイヤの性能に掛かっているといっても過言ではありません。

タイヤは走行する度に少しずつ摩耗していきますし、ゴム製品ですから走らなくても月日と共に劣化が進みます。

溝がなくなったタイヤや劣化して固くなったタイヤで走るのは大変危険です。

バッテリー

車のバッテリーも消耗品ですから5年に一度くらいの頻度で交換してあげる必要があります。

車の維持費は月どれ位?年間だといくらかかるの?

税金

自動車税(軽自動車税)

例えば排気量1000㏄以下なら29,500円、1000㏄~1500㏄以下では34,500円、1500㏄~2000㏄以下では39,500円、2000㏄~2500㏄以下なら45,000円/年となります。

軽自動車は一律10,800円となっています。

自動車重量税

自動車重量税は車検証に記載されている車重が重くなればなるほど、車が古くなればなるほど高くなります。

またエコカー減税対象車かどうかによっても異なります。

目安として普通車であれば新車から12年目まで0.5トンごとに4,100円/年、13年目から17年目まで0.5トンごとに5,700円となっています。

保険

自賠責保険

自賠責保険の保険利用は保険期間によって異なり、37カ月であれば普通車36,780円、軽自動車35,610円、24カ月であれば25,830円、25,070円となっています。

大体ひと月当たり1,000円程度と覚えておきましょう。

任意保険

任意保険は保険会社によって費用はまちまちですが、被保険者の年齢や乗っている車、車両保険を掛けるかどうかによって大きく左右されます。

特に若者が被験者の場合それだけ事故を起こす確率も高いことから相当高額です。

一般的な普通車の場合に18歳の若者が車両保険込みの任意保険に入ると年間20万円~30万円以上の保険料が必要になります。

また保険料は過去の保険金支払い歴や事故歴などによっても変わりますし、盗難率の高い車だったり超高額な車になればそれだけ任意保険料も高額になります。

整備・メンテナンスコスト

車検代

車検を受けるときどこにお願いするかによって大きく異なりますが、ユーザー車検や車検工場であれば数万円、ディーラーにお願いすると10万円前後の料金が必要になります。

ランニングコスト

ガソリン代

最近は原油高の影響でレギュラーガソリンで150円~160円/L、ハイオクなら160円~170円程度の高値をつけています。

ガソリン代は月にどのくらいの距離車を運転するかと乗っている車の燃費によって異なるので一概に値段を出すことはできませんが、月に1000㎞ほど運転する方で燃費が20㎞/Lのハイブリット車であれば、レギュラーガソリン150円/Lで計算すると7500円/月程度になります。

駐車場の費用

駐車場の費用は自宅に車を停めるスペースがあれば必要ありません。

駐車場の料金も場所によって大きく異なりますが、一般的に都心部であればあるほど駐車場代金も高くなります。

東京など都心の場合一カ月の駐車場代が数万円必要になることも珍しくないのです。

普段保管している場所とは別に出かけた先でも駐車場が必要になりますが、無料の駐車場が用意されていない場合はその都度駐車料金が必要になります。

タイヤ代

タイヤの価格も装着しているサイズや求める性能によっても大きくことなります。

一般的にサイズが大きくなればなるほど、扁平率が低くなるほどタイヤの料金は高くなります。

また性能が良い(この場合の性能とは燃費がよいという意味ではなくよく食いつくタイヤ)は値段も高額です。

タイヤの交換頻度は年間の走行距離によっても異なりますが、3年~5年に一度くらいが目安でしょう。

費用は数万円~十数万円といったところが目安です。

車の維持費を極力低く抑える方法は?

排気量の小さい車に乗る

車の維持を極力抑えるために一番効果的な方法は、排気量の小さな車に乗るということです。

排気量が小さければ自動車税や重量税を最低限に抑えることができますし、排気量が小さい車であれば一般的に燃費もそれほど悪くはありません。

燃費の良い車に乗る

ハイブリットカーなどの燃費がよい車に乗りましょう。

ガソリン代は車のランニングコストの中でも相当な割合を占めています。

同じ1Lのガソリンでも10㎞しか走らない車と30㎞走る車であれば、年間のガソリン代は大きく変わってきます。

近くのお出かけは車に乗らない

近くのスーパーやコンビニなどのお出かけであれば自転車をつかったり歩いて行きましょう。

少しの距離でも車に乗るとそれだけガソリンを使いますし消耗品もなくなっていきます。

塵も積もれば山となる、です。

また交通の便が良い所であれば公共交通機関を使ってお出かけすることもおススメします。