ある日自分の家の敷地内に見慣れない車が放置されていたらどうしますか?

大抵の人はどうすればいいか分からずに困ってしまうことでしょう。

もしあなたが放置自動車に遭遇してしまったらどうすればいいのでしょうか?

敷地内にある放置車両を撤去するにはどうしたらいいの?

放置車両を撤去するためには

  • 警察に連絡しておく
  • 放置されている車両の所有者を調べておく
  • 放置車両の過程を記録しておく
  • 放置車両の所有者に撤去するよう通告する

以上のことを行う必要があります。

警察に連絡しておく

放置されている車両に気が付いたら、警察に連絡しましょう。

警察に連絡することのメリットとしてはまず、警察が介入することで警察がその車の所有者を調べてもらえます。

結果警察から所有者に連絡が行き、所有者が車を引き取ってくれる可能性が起こります。

それから警察の調査により放置車両が犯罪に関わっていることが判明した場合、その車両を証拠物件として押収するために警察が移動させて引き取ってくれることがあります。

このように警察を介入させることで車両を敷地内から撤去してもらえることもあるので、警察は利用したほうが良いと言えるでしょう。

放置されている車両の所有者を調べておく

放置自動車の撤去の通告を行うために所有者を調べる必要があります。

所有者を特定するには普通自動車と軽自動車では方法が異なります。

普通自動車の場合は各県の陸運局に問い合わせることで「登録事項証明書」を発行してもらうことが出来ます。

それにより所有者の住所氏名が判明します。

事前にナンバープレートの番号、車台番号を控えておくことと身分証明書を用意しておきましょう。

軽自動車の場合は軽自動車協会の各支部に問い合わせます。

窓口にて、「土地の所有者の登記簿謄本」、「放置車両の写真二枚(前後のナンバープレートがそれぞれ確認できるもの)」、「車両を放置されている土地の地図」、本人の身分証明書のコピー」を提出すれば、軽自動車検査ファイルから情報を閲覧させてもらえます。

普通自動車と軽自動車では方法や問い合わせ場所が違うので気を付けましょう。

放置車両の過程を記録しておく

放置車両を撤去する際は撤去開始日から終了日までの全過程を記録しておきましょう。

それにより後日放置自動車の所有者から訴訟を起こされた場合でも記録を開示することでトラブルを最小限に抑えることが可能です。

放置車両の所有者に撤去するよう通告する

所有者の情報が明らかな場合は、内容証明郵便を送付することで所有者に放置自動車の撤去を通告しましょう。

内容証明郵便を利用することで郵便局という第三者に郵便を送付した証明をしてもらうことが出来ます。

放置自動車を敷地内から撤去するにはこれらのようなプロセスが必要と言えます。

放置車両は警察は処分してくれないの?

放置自動車に困った時、警察に通報すれば警察がレッカーで撤去してくれるのではないか?
そう思う人いるでしょう。

しかし警察は必ずしもこちらの思惑通りに動いてくれるとは限りません。

なぜなら警察は基本的に民事案件に関わるものやそれに類似した案件に関しては介入してはならない、という所謂「民事不介入の法則」があるためです。

そのため警察に対して放置車両の撤去を依頼したとしても、その車両が盗難などの犯罪行為に関わっていると判明している場合を除いて警察は「民事不介入の原則」を盾に撤去に動くことはありません。

面倒であっても自ら手続きを進めて撤去に動かなくてはなりません。

放置車両の持ち主が撤去に応じてくれない場合は?

放置自動車の所有者が判明して、こちらから内容明郵便を送付してもなしのつぶてで反応が全くなかったり、撤去を拒否される場合もあります。

この場合、裁判所に対して当該車両の撤去・土地明渡と場合によっては損害賠償を求めて訴訟を起こすことになります。

裁判所からの訴状が届いた後に急に所有者側が撤去に応じることもありますが、反応がない場合は裁判での判決を取得します。

その後判決が出た後も相手側から何も反応がない場合、新たに裁判所に強制執行の手続きを行います。

また裁判所が執行手続きを受理した際、当該自動車が無価値であると判断した場合は、執行官により廃棄処分となります。

価値があると判断された場合は執行官により当該車両を競売にかけます。

その競売で自らが競り落とすことで所有権を取得します。

それによってようやく自らの判断で撤去、売却が可能になります。

かなり迂遠で時間がかかいますが、これが真っ当な手続きなので我慢するしかありません。

自らの敷地内での出来事なのだからそこに止めてある車両をこちらがどうしようと自由だ、と考えて撤去を行ってしまおうと考える人もいますが、それは絶対にしてはいけない行為です。

民法では「自力救済の禁止」とい原則があり、よほどことがない限り、公権力や手続きを踏まずに自力で物事を排除する事を禁止しています。

また敷地は自分の物で会っても、車両の所有権はあくまで車の所有者にあるため、所有者に断りなく当該車両を撤去することは出来ないのです。

もし勝手に行ってしまうと場合によっては所有者から損害賠償請求の訴訟を行われてしまい不利益を被ってしまうこともあるので、自分勝手な判断で撤去を行うのは絶対に避けたほうが良いでしょう。

放置車両の持ち主に連絡がつかない場合は?

自動車を他人の敷地内に放置する人の中には後々土地の地主からの連絡が取れないようにするために、あらかじめナンバープレートや車台番号のような自動車の所有者に辿り着くことが出来る情報を取り除いて放置することがあります。

盗難車であったり廃棄の費用がない(もしくは費用がもったいない)ために悪いと分かっていて廃棄するなど事情は様々ですが、そのような相手の身元が不明な放置自動車に対してはまず当該車両のフロントガラスなどに張り紙をします。

内容はこの日付までに車を動かさない場合はこちらで撤去します、というような警告を書いておきます。

このような放置車両に対してこうしなければならないという法律などはありませんが、この方法用いることで外部に向かって迷惑していることをアピールすることが出来ます。

このような貼り紙で一定期間の猶予を与えると良いでしょう。

期間は特に定めはありませんが一月ほどあった方が良いでしょう。

その際にそれまでの経緯を詳細に記録しておくことを忘れないようにしましょう。

その後撤去に移りますが、その際は

  • 自分で廃棄する
  • 業者に撤去を依頼する

この二通りがあります。

自分で廃棄する場合、廃棄のための、引き取り業者に支払う輸送費や引き取り料などの経費を自己負担する必要があります。

細かい値段等については相手業者に聞いておくと良いでしょう。

自分で廃棄しない場合は回収専門業者に撤去を依頼するか、放置自動車の状態が良い場合は中古車販売業者に買い取ってもらうという手段があります。

状態の悪い車両については回収を専門に行っている業者に依頼して引き取ってもらうと良いでしょう。

費用も地域によって様々ですが高くとも数万円程度で行ってくれます。

中古車販売業者に依頼する場合は、車種、年式、見た目の状態(錆がないか、破損していないかなど)、様々な条件によって色々と変動はありますが、こちらが経費を負担する場合もあれば、いくらかの金銭を受け取ることが出来る場合もあります。

見た目がよほど酷い状態になっていないと判断出来る場合には中古車販売業者に依頼するのが良いでしょう。

いきなり敷地内に放置自動車が現れたら、さぞ迷惑なことでしょう。

しかしだからといって自分の感情のままに放置自動車を好きにしてしまうと後のトラブルに繋がりかねません。

腹が立つとは思いますが、じっと我慢して必要な手続きを粛々と行っていくことが大切です。

「急がば回れ」の精神を忘れないようにしたいものです。