眼科に行ってからカラコンを使い始めましょう

カラコンを使うなら眼科へ行こう

目にトラブルを感じた時、お世話になるのが眼科です。充血、かゆみ、ものもらい、痛み、めがねの購入など、様々な目の問題に対応してくれる機関です。最近カラコンを使う人が増えてきていますが、皆さん眼科で検査や処方は受けましたか。カラコンを使う際も、まず訪ねるべき機関が眼科なんですよ。
カラコンはデカ目を作るのに、定番のアイテムですよね。手軽に買えて、気軽に使える商品だから、若い女子にも人気があります。ですが、友達が使っているからとか、雑誌で見たから、カラコンを買っていきなり使ってみよう、なんて絶対にダメですよ。カラコンを使ってみたいと思ったら、眼科に行き、色々な検査を受けることが大切です。

 

カラコン使用のための眼科探し

カラコンは眼科医の検査を受け、処方してもらう必要がある、高度管理医療機器に指定されています。瞳に直接触れるものだから、目にトラブルを抱えないためにも、きちんとした検査や知識が必要です。まずは、眼科探しから。普段からお世話になっているかかりつけ眼科に行くことが、一番信頼が出来て良いのですが、眼科によってはカラコンの取り扱いを行っていないこともあるのです。もちろん、カラコンがつけられる瞳であるか、視力、目のトラブルなどには、全ての眼科が対応してくれますから安心してください。
カラコンを専門に取り扱っている眼科もたくさんありますので、インターネットなどで調べてみて問い合わせてみると良いでしょう。最近では駅ビルやショッピングモール、家電量販店などの中にも、コンタクトレンズショップが多くあります。そして、同じ建物内に眼科が併設されていて、コンタクトレンズショップの提携眼科として、カラコンの検査が受けられたり、相談に乗ってくれたりします。そういった眼科を選べば、検査の後にそのままショップへ行き、自分好みのレンズを探したりできますので便利です。

 

カラコン使用のための眼科での検査

まずは、問診表をもとに眼科医から色々な質問を受けます。コンタクトを使いたいと思った理由なども聞かれます。そして目に充血や病気などのトラブルが既に起きていないかを検査し、カラコンをつけられる目であるのかの確認をします。視力がどのくらいあるのか、左右の視力は同じであるのか、目の表面のカーブなども測ります。そして眼科医が色々なデータをもとにして、一人ひとりに合ったカラコンを見つけてくれます。その時に色々な説明をしてくれますので、疑問に思ったことがあれば聞いてくださいね。